病院で導入をしているwifiの管理

今は医療機関の多くでwifiを導入しています。入院患者も自由に使うことができるようにしておいたほうが、何かと便利ですし、入院中の時間を有効に使うことができます。しかし導入をしてそれで終わりというわけではありません。

定期的に保守点検を行ってくれる業者から導入をしなければ、安心をして利用をすることができなくなってしまいます。受診者や入院患者が利用をするだけではなく、病院のシステムにも関係してくるものがあれば、定期的に保守点検をすることが必要です。トラブルが起きてからでは遅いです。

どういう業者を選定するべきなのか考えてしまっている、ということであればアフターメンテナンスもしっかりと行ってくれるところを探すことが望まれます。今は医療機関も電子化が進んでいるので、トラブルが起きる前に対処をする、ということが必要になってきます。

KOS

評価 ★★★★★
サービス内容 ★★★★
利用しやすさ ★★★★★
満足度 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★★
POINT
病院などの施設への導入実績が豊富
調査までしっかり行ってくれます
保守サービスを上手く使って安心

KOSネットワーク会社は、病院・福祉施設への電話システム導入実績が300件以上もあり、病院へのシステム導入シェアNo.1を誇っています。病院関係者、加えてゲスト用wifi導入など、ネットワークでの事例もKOSのサイトで多数紹介され、参考にもできます。

病院内LAN設備に関して、電波を使用する医療機器があることからwifiと電波干渉し、故障する心配も聞かれますが、KOSネットワークのwifiソリューションは、打ち合わせ時に専任スタッフが現地で電波調査を行ってくれます。現状の電波使用状況の確認、無線アクセスポイントが何台必要で、設置する場所までしっかり確認するので安心です。

KOS保守サービスは、予算に合わせたメニューの相談に対応しています。加えて、保守サービスに加入するだけで、24時間365日システムの障害に対応し、本体パッケージ部品交換も無償で行い、定期点検も担ってくれます。また、メーカーのバックアップ保守サービス加入も検討でき、特に天災時にトラブルなく対応しなければならない医療機関では、保守員をすぐに派遣し、修復に当たらせてくれます。

BUFFALO

評価 ★★★★★
サービス内容 ★★★★
利用しやすさ ★★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★
POINT
年間20万件の処理実績に基づく設計及び施工
徹底した教育プログラムにより高いスキルを保有する専門スタッフ
24時間365日受け付け可能なコールセンターによる設問設定及び保守

BUFFALOでは、IT関連機器の製造販売だけでなく、法人の方に向けたネットワーク関連サービスを提供しています。その例としては、病院へのwifiを用いたネットワークシステムの導入及び保守が挙げられます。

このネットワークシステムの導入により、医療情報の一元管理や審査結果・診療状況のリアルタイム管理などが可能になります。また、無線ネットワークカメラの導入により、目の離せない重症患者さんのモニタリングも可能となります。

ネットワークシステムの保守では、24時間365日受け付けのコールセンターに相談・要望が可能となっています。さらに、全国各地の拠点から専門スタッフを迅速に派遣できる万全の体制となっています。

BUSINESSぷらら

評価 ★★★★
サービス内容 ★★★★★
利用しやすさ ★★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★
POINT
幅広い業務を代行してサービスを提供
病院内でも快適な使い勝手が期待できる
安心や安全性もしっかり守られる

病院内で安心・快適にインターネットを利用するにも、調査・設置・保守をはじめ、業務代行など、幅広い支援を担うのがBUSINESSぷららです。既存のインフラに捕らわれないため、ネットワークにも影響しない、安全性も特徴です。

病院から支給されるパソコンは、wifi環境によって有線・無線で使い勝手も異なります。タブレットで最新の治療法を説明したり、医療従事者が病院で快適に使えるwifi環境を提案してくれるのがBUSINESSぷららです。快適さを実現する大容量バックボーン、ネットワーク監視体制など、保守サービスもバッチリです。

安心・安全グループのサービスをウリにし、事前に電波状況の調査も行ってくれます。メーカーフリーであるため、病院棟内へ光回線を引き込み、共有型で提供、無線アクセスポイントを設置するなど、イニシャルコストの圧縮も可能にしてくれます。また、ネットバリアベーシックを標準提供するなど、安心感まで与えてくれます。

NECフィールディング

評価 ★★★★
サービス内容 ★★★
利用しやすさ ★★★
満足度 ★★★
掲載情報量 ★★★
POINT
高度な技術力だからこそ安定した通信ができる
最新のセキュリティ対策が提供されている
運用保守体制が万全なところが魅力

病院でも利用されているNECフィールディングのwifiは、範囲内であれば安定した接続ができるよう最新技術が使われています。調査と分析を繰り返しながら、その施設に合ったネットワーク機器を導入する事が可能です。

病院内で保管されているデータを盗み出されないよう、最新のセキュリティサービスをNECフィールディングは提供しています。無線LANの規格が古くないかチェックする事で、ハッキングなどの攻撃に対策する事が可能です。

もしネットワークに問題が発生しても、400ほどある拠点の最寄りの場所からスタッフが駆け付ける、運用保守体制が評価されています。50年以上もの運用保守の実績があるという理由で、ネットワーク環境の構築を依頼されている企業です。

クリニックネット

評価 ★★★★
サービス内容 ★★★★
利用しやすさ ★★★★
満足度 ★★★
掲載情報量 ★★★
POINT
配線からネットワークまで一括で管理するから安心
予防から定期検査や万一の場合の復旧も行う
遠隔サポートを活用して迅速に対応

クリニックネットはクリニックや病院に特化した配線工事やネットワークの構築や保守管理を行う会社で一括してサポートを行っています。wifiから設計に管理まで行うことで、クリニックのネットワークのすべてを把握することができます。そのため問題が起きても、すぐ適切な対応をすることができるのです。

クリニックネットは徹底したセキュリティー対策を行っていて、万全の防御態勢を敷いています。まずあらかじめ事故が起きないようにセキュリティソフトをインストールして予防を行っています。次に定期的に検査して問題が起きていても、小さい段階で対策をとって封じ込めます。そして万一の事故の場合は適切な復旧を迅速に行います。

クリニックネットでは遠隔サポートを活用することで、無駄な時間を省き迅速に対応することができます。またインターネットにつないでいなくても遠隔サポートができる体制を構築しています。さらにスタッフがクリニックを訪問してのサポートも可能です。

株式会社ディアイティ

評価 ★★★
サービス内容 ★★★★★
利用しやすさ ★★★
満足度 ★★★
掲載情報量 ★★★★
POINT
従来の無線LANの悩みを解消できます
年1回の保守点検も行うことができます
リモートサービスも受けることができます

今は病院でもwifiを使う場面が増えてきています。入院患者のためのwifiもありますし、病院のシステムで利用をしているということもあります。しかし無線LANの場合には突然切れるなどのトラブルも多く発生しています。

それらのトラブルも株式会社ディアイティのサービスを利用することによって解消をさせることができます。有料ですが、1年に1回の保守サービスも受けることが出来るので、申込みをすることでトラブルも未然に防ぐことができます。

マニュアルも日本語で対応をしているので、よく分からなくて困ってしまうということもありません。リモートサービスも行っているので困った時でも問題解決まで短時間で解消できます。

病院においてのwifi導入費用に関して

病院においてwifiを取り込む際に、考慮に入れる気にすべきポイントとしてトータルコストがあります。あらためていうまでもなく、ネット回線を結ぶ際には、工事が不可欠です。業者により電話回線の切り替えなどと組み合わすと、フリーにて出来るケースがあります。そのときは、解約が所定の期間実行できず、ほかのメニューに対する加入や機器購入などがオプションで付いてきますので注意が必要です。また、屋内の工事の有る無しにより、必要となる費用は違ってきます。屋内の配線工事では、壁に対して穴をあけ屋外回線を引き寄せてくる仕組みになります。もうすでに病院において配線があるケースでは、こうした工事は必要としません。 工事をする時の料金は月曜日~金曜日の作業代金を参考にします。業者によっては土曜日日曜日、祝日及び夜の時間帯の対応を行っていますが、別枠料金が生じることもあり得ます。

病院においてwifiを活用するシーンで、考慮に入れる要点はネット回線といえます。病院のスケール並びに医療カルテなど主として活用する目的で違いがあります。 回線のタイプですが、光タイプは専用回線を用いており、安定感がある通信環境並びにスピードが早いことがアドバンテージです。しかし、それ相応に工事費が必要です。更に、工事の時に回線の引き込みに取り組むケースでは時間がかかります。 一方高速のモバイルタイプに関しては、無線を利用することによってwifi接続が可能です。工事なしで場所や時間に縛られずに活用することができますが、電波のあまり強くない所で活用する場合は、不自由さを感じるところも出てきます。また、ADSLタイプについては、主として光回線が採り入れられていないエリアで活用されています。費用は安いですが、エリアによっては通信における環境が安定していません。

今では、wifi接続を行っている病院が拡がっています。保守の上でも重要な安全面でもレベルアップしており、快適に活用することができるようになっています。 患者からだと、wifiをフリーにて活用することができると不便なくネット接続が可能になります。とりわけ入院されている人であれば、通信料を全く気にせず活用することができるのは魅力です。更に通信における環境が良ければ、体に良くないストレスを抑えた生活を送ることができます。たくさんの病院の利用者がネットを自在に利用できるとメリットが大きいといえます。スマートフォンなどを何の問題もなく手を煩わせることなく使用することが出来ることは、大勢の方が求めています。 病院サイドもひとたびwifiを接続すると、問題のない限り月額料金だけで活用することができます。

PAGE TOP