ホーム > 病院のwifi保守について > 病院にもwifi導入で保守契約が

病院にもwifi導入で保守契約が

 インターネットが普及して急速に情報化された現在では病院も例外ではありません。
病院内にも既にwifiが導入されていて、患者の医療情報などをタブレット画面で確認しながら診察をすることが可能になっています。
これでわざわざ患者の情報を印刷して病棟まで診察に行ったりする手間が省けるようになってます。
さてそのwifiは入院患者や外来患者のためにも必要とされる時代が到来しています。
病院の待合室や入院病棟は退屈な空間ですが、wifiを導入すればスマホがあればその退屈を紛らわすことができるようになります。
これらのwifiのアクセスポイントは各部屋の天井あるいは壁面の高い場所に貼り付けられる形で取り付けられています。
ただいずれにしてもwifiを導入するからには保守メンテナンスが要求されます。

 これを病院のスタッフが行うのは容易なことではありませんので外部から専門家の応援が不可欠になります。
今では既に複数の会社が保守メンテナンス契約のサービスを提供しています。
病院内にwifiを導入整備する際に注意しないとならない点の1つは、様々な医療機器との干渉をしないようにしなければなりません。
そのため干渉しないように導入前の事前調査が欠かせません。
次は医療スタッフ用のwifiを外来や入院患者のために開放してはならないことです。
これをすれば悪意ある人に大事な病院の様々な情報などを抜き取られてしまう恐れがあるからです。
そのため外来や入院患者用には医療スタッフ用とは別のwifiを導入しないとなりません。
同様に外来と入院患者用にもそれぞれ別のwifiが要求されます。
入院患者は一律同じIDやパスワードで入れるようにするのではなく、患者ごとに異なるIDやパスワードで入れるようにしないとなりません。

 さらにセキュリティーを保つためには他の部屋や患者同士の通信もできないようにするなどの対策が要求されます。
一方で外来用は公衆無線LANとほぼ同じような感じになります。
ただwifi導入と維持には多額のお金がかかります。
その費用を回収するために一部の病院では入院患者用のwifiは病棟で使える部屋を限定して入院費用に上乗せして有料化して対応しているところもあります。
ちなみに病院全体のwifiの導入や保守では競争入札と随意契約があります。
導入の場合は競争入札もありますが、保守契約の場合は随意契約も多くなります。
契約の金額は病院の規模や契約期間などによって大幅に異なります。
高いところでは1年間で1000万円を超えてるところもあるし、安いところでは100万円以下なんてところもあります。

次の記事へ

PAGE TOP