ホーム > 病院のwifi保守について > 病院の患者さんへのサービスを提供することがポイントになる

病院の患者さんへのサービスを提供することがポイントになる

 病院でのwifiの保守にはいろいろな面があります。
例えば、患者さんの個人情報をデーター化する時にwifiが使われることもあるでしょう。
従来はネットの回線を使ってデーターのやり取りをすることが多かったのですが、wifiがあれば面倒な回線設置の作業を省くことが可能になります。
病院の業務のためだけにwifiを使うのではなく、最近は患者さんがそれを使える環境を整えるところが増えてきました。
入院している間にwifiが使えれば、入院生活は快適になります。
動画を見たり、ゲームをしたりして暇をつぶすことが可能です。
家族との連絡にネットを使う人も出てくるでしょう。
このような状態になったら、患者さんの個人情報を守るための保守が必要になります。
個人認証の仕組みを整えたり、SNSがスムーズに使えるようにしなければなりません。

 大きな総合病院で診察に訪れる人が多いところで、待合室でwifiを使えるようになったら、病院の評価が高くなります。
スマートフォンを持っている人が多いので、wifiがなくてもネットに接続することは可能です。
しかし、それがあれば患者さんのスマートフォンの通信費を下げることができます。
大きな病院の場合は、待っている時間が長くなりがちです。
その間に通信費を気にしないで、スマートフォンを使えたら待ち時間の苦痛を劇的に減らせます。
この時に必要な保守はまず患者さんの個人情報が漏えいしないようにセキュリティーを対策を作り上げることです。
それが出来上がったら、障害が起きないように定期的なメンテナンスを進めなければなりません。
待合室と病棟のwifiの接続ポイントは別にする必要があります。
その2つが別個にきちんと働くようにする保守も必要になります。

 いったん病院内にwifiのネットワークができたら、それを活用して患者さんの満足度を高める工夫をすることができるようになります。
例えば、wifiを使ってアンケートを送ります。
そのアンケートで病院の満足度をたずねるようにします。
待ち時間のことやスタッフの態度、医師の説明の仕方などを質問して、不満があればアンケートに書いてもらいます。
それを病院の運営に活用すれば、患者さんの評価は高まります。
このようにwifiのさまざまネットワークを作ったら、それぞれがスムーズに運用できるための保守が必要になります。
具体的なものとしては、情報漏えいを防ぐ、外部からの不正な侵入の防止、構築したネットワークを改良して使いやすくすることなどです。
複数の会社に頼むよりは信頼のできる1社を選び出して、その会社と取引を続けるのが賢い方法になります。

次の記事へ

PAGE TOP