ホーム > 病院のwifi保守について > 病院内ネットワークでのwifiの利用と運用保守の概要

病院内ネットワークでのwifiの利用と運用保守の概要

 昔ながらの個人病院は紙ベースのカルテ、X線撮影のフィルムはありますが、大病院では電子化されたカルテ、X線撮影の動画、静止画、CTスキャンの画像までが電子化されております。
その電子化されたファイルは院内のサーバーに保管され、管理されています。
患者さんの診察された情報もサーバーに保管され、薬局、診察状況、支払い、会計までが自動化されてきております。
その自動化において必要となるのが病院内のネットワークです。
今までのネットワークというと院内に配線を張り巡らされていたのですが、病院の拡張、設備の追加が必要となると有線のネットワークでは都度工事が必要となるなど運用がとても大変になります。
しかし、近年の無線ネットワークの高速化、安定化は病院内でも利用できるほどに安定してきています。

 無線のネットワークではwifiを使ったネットワークにします。
以前は携帯電話との混戦により、医療機器が誤作動するなどがありましたが、近年のネットワーク技術は医療機器が誤作動することはなくなり安定した無線ネットワークが実現できます。
病院内でのネットワークは通常の企業以上に大切となるのが運用保守です。
ネットワーク機器は機械ですので故障することはありえますが、機器の交換、点検などの計画停止を除いて故障停止することが基本的に許されておりません。
ネットワークが停止することは治療に影響することはもちろんですが、重篤な患者の状況監視が途絶えることが発生する可能性があるからです。
ネットワークの停止が患者さんの死に直結するのです。
そのため、無線ネットワークは非常に重要になります。

 院内のwifiでは高速で止まらないことが必要です。
また、外部からの影響を受けない、切れないwifiの環境が必要です。
そのためには、コアのスイッチングハブと各、病院のフロアは2重化と冗長化経路となっていること、そして将来性のある拡張設計ができること、そして耐障害性のためにスタック接続が可能な機器が求められます。
ネットワークをリモート管理する手段もありますが、保守のための院内SEを常駐させ常に即時対応できるようにします。
そして、バックアップ機器は常に院内に保管、管理しておきます。
スイッチングハブの設定などはUSB、SDカードなどにデーター保管出来るようにして交換対応によるトラブルを防ぎます。
院内ネットワークの無線化は大きな病院はもとより、入院施設がある病院では当然の設備になってきています。
看護師がPC、検査機器を持って入院室に来ます。
全ての情報がネットワークを介してサーバーに保管され、医師が遠隔地からも見ることができるのです。

PAGE TOP